トピックス |

消費税率改定に伴う一般路線バスの運賃改定について

 消費税率の引き上げに伴い、一般路線バスの運賃額の改定について国土交通省あて認可申請を行っておりましたが、9月5日付けで認可されました。主な概要は以下のとおりです。

1.運賃改定日

    2019年10月1日(火)

2.改定運賃の概要

(1)普通運賃改定額(対キロ区間制)

    据え置き ~ 最大40円   (参考)上限運賃の平均改定率1.01760%

(2)定期旅客運賃改定額

    改定後の普通運賃額を基準として発売します。

3.回数乗車券・定期乗車券のお取扱い

(1)乗降停留所を記載した回数乗車券、定期乗車券

 10月1日以降にお求めの場合は、改定後の運賃額で発売します。なお、10月1日以降に有効な区間式回数乗車券・定期乗車券であっても、9月30日までにお求めの場合は、改定前の運賃額で発売します。

(2)金額のみ記載した回数乗車券

 ご利用される改定後の普通運賃と同額分の回数券が必要となります。不足する場合は、不足額分を現金でお支払いいただくことでご利用いただけます。