安全・安心への取り組み | ジェイアールバス関東が行っている安全・安心への取り組みについてです。

車両安全対策

当社では「いざ」という場合に備え、車両の安全性を高める取り組みを進めています。


●乗務員の安全運転をサポートする装置

最新の安全装置を搭載した新型車両の導入を積極的に進めており、2017年3月現在、高速線車両の平均車齢は6.5年となっています。また、従来型車両にも安全装置を新たに備え、高速線車両の全車に安全装置を装備しています。


・衝突被害軽減ブレーキシステム

万一の衝突時に車両のブレーキが自動的に作動し、衝撃を和らげます。


・運転注意力低下警報装置

~ドライバーモニター~


乗務員の顔の方向や眼の状態をカメラで確認し、
前方の注意力が低下している場合には警報音と
ディスプレイへの表示で乗務員に知らせます。


~運転注意力モニター~

高速走行時、白線認識カメラや各種センサーの
情報から運転注意力を推察し、注意力が低下し
ている場合には警報音とディスプレイへの表示
で乗務員に知らせます。

~モービルアイ~

車両のフロントガラス付近に取り付けたカメラ
が前方の車両、車線、歩行者などを検知。衝突
の危険が迫ると警報音と表示で乗務員に知らせ
ます。※従来型高速バスに新たに装着



●車両火災自動消火装置

エンジンルームが異常な状態になった場合、センサーが感知し自動的に消火する装置です。高速バスとして運行する全ての車両に搭載しています。



●緊急事態発生表示装置

バスジャック等緊急事態発生時に、バスの行先表示装置に「緊急事態発生」を表示させ、周囲の車両などに異常を知らせます。