オススメ路線沿線情報(長野県 茅野・高遠・伊那)

  • 路線全域マップ

  • 観光案内マップ

※2017年3月現在の情報です

沿線のお土産
  • 高遠まんじゅう
    南湖だんご

    天正年間から伊那市高遠地区で作られており、高遠城主の御用菓子であったと伝えられています。
    小豆と小麦粉で作った「おやき」が起源と言われ、素朴な風味で多くの人に親しまれている高遠名物です。

  • ちいずくっきぃ
    金山納豆

    伊那の地で50年以上愛されている和菓子で、ブッセとクッキーが合わさったような独特の食感が特徴の伊那土産を代表する1品となっています。

  • 寒天
    金山納豆

    諏訪や伊那地域で生産されており、市民の身近な食材として家庭料理などに利用されています。市内には寒天のトップメーカーが操業しており、近年では、寒天を用いたゼリーやぞうすいなど、様々な加工品が販売されています。

沿線のグルメ
  • 伊那ローメン
    白河ラーメン

    蒸し麺、マトンの肉、キャベツ、ニンニクなどを独特のスープで煮込んだ、伊那市で古くから愛されている「ご当地グルメ」です。
    名前の由来は、かつて炒肉麺(チャーローメン)と呼ばれていましたが、いつしか「炒」の文字が消え、ラーメンブームと相まって「ローメン」になったと言われています。

  • 高遠そば
    金山納豆

    伊那市高遠地区では、戦国時代後期頃からそばが食べられており、高遠城主保科正之公も無類のそば好きであったと伝えられています。「辛つゆそば」が原形となっており、焼き味噌・ねぎ・辛味の非常に強い「高遠辛味大根」で調味されたつゆが特徴で、さっぱりとした味わいを楽しむことができます。

  • ソースかつ丼
    金山納豆

    上伊那地域(伊那市や駒ケ根市)では、ご飯の上に千切りキャベツを載せ、その上に特製ソースを絡めた肉厚のとんかつを盛り付けた「ソースかつ丼」がB級グルメとして長年親しまれています。味の決め手となる特製ソースは、各店舗が工夫を凝らした独自のものを使用しているため、味の違いを楽しめるのも魅力となっています。

沿線のイベント